MENU
送る TEL 24時間メールフォーム
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る





ぎっくり腰

≪ぎっくり腰は中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院の施術で早期回復と再発防止も目指せます≫

ぎっくり腰は身動きが取れなくなるほどの激痛に襲われる重度の腰痛で、「魔女の一撃」という呼び名でも知られています。一度発症すると再発する確率も高いため、日常での何気ない動作でも過剰に腰をかばってしまい、他の部位を痛めてしまうケースも見受けられます。中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院ではぎっくり腰への対応を得意としており、お一人おひとりのお身体に合った施術で早期回復と再発の防止を目指していきます。国家資格を取得している施術師がご対応しておりますので、どうぞ安心しておまかせください。

ぎっくり腰の原因には様々ありますが、普段の悪い姿勢や動きのクセなどから骨格にゆがみやズレを引き起こしてしまい、全身のバランスが崩れていることが関係しているケースも珍しくはありません。中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院では丁寧なカウンセリングでお一人おひとりのお身体の状態をしっかりと把握し、ぎっくり腰の根本原因を突き止めてアプローチを行ないます。整体や矯正、あん摩マッサージなどの手技の他にも、鍼灸施術や医療機器を用い施術も行なっておりますので、繰り返すぎっくり腰でお悩みの方も中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院まで早目にご相談ください

こんなお悩みはありませんか?

・不意に腰がギクっとなって激しい痛みが走る
・激しい痛みで動けなくなることがある
・突然痛みで動けなくなってしまった

病院では、「ぎっくり腰」という病名はなく、ぎっくり腰は主に急性の腰痛のことを指しています。

ぎっくり腰は急に腰が痛くなった状態なのです。

中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院でもぎっくり腰の施術を行っていますので、お困りのことがあれば、気軽にご来院ください。

ぎっくり腰になってしまう原因は?

ぎっくり腰になってしまう原因は主に2つあります。

・急激な負担が腰にかかってしまう
・筋肉に持続的な負担がかかる

例えば重い荷物を持ちあげようとした時には、腰に大きな負担がかかってしまうことになります。
また、テレビのリモコンなど身近なものを取ろうとしただけでもぎっくり腰になってしまうケースがあるでしょう。

重いものを取る時にはとてもポピュラーので、リモコンのような軽いものであってもぎっくり腰になってしまう要素は十分に考えられることです。

注意!ぎっくり腰の裏に隠れている病気

ぎっくり腰は急性に発生した腰痛ということです。
慢性的な腰痛や椎間板ヘルニアなど、主に整形外科特有の病気となります。
しかしながら、時に腰痛や背中の痛みが、腎臓や肝臓、胆のうや心臓、その周りの血管、膵臓など病気のサインとして表れることもあります。

その中で多い病気が、「腎臓病」です。
腰の痛みを放置せずに、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。
ぎっくり腰の治りが悪い場合は、中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院で施術を受けることも可能です。

ぎっくり腰のコラム

ぎっくり腰のコラムはこちらクリック

やまと鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒604-8365 京都府京都市中京区錦大宮町154−4
予約予約優先制
電話番号075-366-6066
駐車場なし
休診日不定休
月3回の休院日を前月にホームページに公開
無料メール相談・メール予約