MENU
送る TEL 24時間メールフォーム
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > 過失割合が大きくても自賠責保険は使えます

過失割合が大きくても自賠責保険は使えます

2018.10.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
本日は前回に続いて交通事故施術の「こんなケース」をご紹介いたします。
以前に何名かの方からご質問頂き、また最近までご通院されていた方も、交通事故直後にご質問があり、詳しく説明させて頂いたところ大変ご納得されてリハビリに通われていました。
車を運転していて後方から追突された場合、余程の理由が無い限り10対0で被害者側の過失はゼロと考えられます。
後方からの追突以外では、当てられた被害者であっても、何割かの過失が生じてくる場合もありますが、ケースによっては自分の過失割合の方が相手よりも大きくなってしまう場合もあります。
この方、それでは自分の怪我は自賠責保険で診てもらうことなんて出来ないだろう、と勝手に思い込んでおられました。
しかし、実はこれも大丈夫なんです。例え過失の割合が自分が9で相手が1であっても「自賠責保険適応施術」でご本人のご負担額は0円なのです。
詳しくは「厚生労働大臣認可の交通事故施術専門院」京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院までお問い合わせ下さい。

やまと鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒604-8365 京都府京都市中京区錦大宮町154−4
予約予約優先制
電話番号075-366-6066
駐車場なし
休診日不定休
月3回の休院日を前月にホームページに公開
無料メール相談・メール予約