MENU
送る TEL 24時間メールフォーム
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > スポーツ障害・アスリート施術 > スポーツ選手に多い足底腱膜炎

スポーツ選手に多い足底腱膜炎

2018.10.26 | Category: スポーツ障害・アスリート施術

足底腱膜炎

≪足底腱膜炎でお困りの方は中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院まで≫

足底腱膜炎はあまり聞き慣れない症状だと思いますが、スポーツをされている方やマラソン・ジョギングなどをされている方の中には、実際に足底腱膜炎になったことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。足の裏にある腱やかかとの骨などに痛みや不快感が出る足底腱膜炎は、運動やランニングなどを始めたばかりの方に起こりやすい傾向にあります。初期の段階では我慢できることも多い症状ですが、悪化させてしまうと歩行に支障が出る場合や治りが悪くなる場合もありますので、できるだけ早目に中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院までご相談ください。お一人おひとりのお身体の状態やご要望にお応えできるよう、施術プランをご提案してサポートいたします。

足底腱膜炎は同じスポーツや運動をしていても「なりやすい人・なりにくい人」がいますが、骨格にゆがみやズレがある人のほうがなりやすい傾向にあります。中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院では丁寧なカウンセリングでゆがみやズレをチェックし、全身のバランスを整えて正しい姿勢と動きができる身体へと導いていきます。正しい姿勢と動きを身につけると筋肉に無理な負担がかかりにくくなり、足底腱膜炎を予防することも可能となります。

足底腱膜炎になった場合は無理をせずに足を休めることが大切です。無理をして負担をかけ続けてしまうと悪化して治りが悪くなり、運動やスポーツを続けることが難しくなる場合もあります。中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院では国家資格を取得している施術師が、丁寧な施術とアドバイスでサポートしておりますので、お身体に痛みや違和感が出たら早めにご来院ください。

やまと鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒604-8365 京都府京都市中京区錦大宮町154−4
予約予約優先制
電話番号075-366-6066
駐車場なし
休診日不定休
月3回の休院日を前月にホームページに公開
無料メール相談・メール予約