MENU
送る TEL 24時間メールフォーム
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > スポーツ障害・アスリート施術 > サッカーで痛めたケガについて

サッカーで痛めたケガについて

2018.10.26 | Category: スポーツ障害・アスリート施術

サッカー施術

このようなお悩みはありませんか?


・ボールを蹴るとスネが痛い
・膝の痛みが治まらない
・サッカーの練習で足首を捻挫した
・腰を強くぶつけてしまった
・太ももに違和感がある
・ケガや故障をしにくい身体を手に入れたい

サッカー施術について

サッカー施術でよく見られるケガや故障は、腰や太もも、膝、スネ、踵、アキレス腱、足の裏など主に下半身に集中する傾向にあります。サッカーというスポーツは足でボールを蹴りながら走るため、どうしても下半身に負担がかかりやすくなりケガや故障に下半身に起こりやすくなります。

中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院ではサッカー施術もご対応しており、お一人おひとりのケガや故障、お身体の状態、回復状況などを見ながら施術を進めてまいります。サッカー特有の動きについても考慮しながら、正しい姿勢と動きについてもアドバイスを行ない、ケガや故障の予防についてもサポートいたします。早期回復と再発防止を目指したサッカー施術をご希望の方は、中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院まで一度ご相談ください。

サッカー施術がなぜ必要なのか?

骨折や打撲、捻挫、アキレス腱損傷、肉離れ、腰痛、膝痛などは日常生活でも起こりますが、サッカーをしていて起こったこれらのケガや故障はサッカーというスポーツについての深い知識も必要となります。サッカーでのケガや故障に特化したサッカー施術は、専門知識と技術による施術が必要となりますので、経験豊富な中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院の施術師に安心しておまかせください。

やまと鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒604-8365 京都府京都市中京区錦大宮町154−4
予約予約優先制
電話番号075-366-6066
駐車場なし
休診日不定休
月3回の休院日を前月にホームページに公開
無料メール相談・メール予約