MENU
送る TEL 24時間メールフォーム
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 未分類 > もみかえし・・・って何?

もみかえし・・・って何?

2017.12.13 | Category: 未分類

こんにちは、やまと鍼灸接骨院院長の田中です。
今日は「もみかえし」について少しだけ語ります。

一般的に「もみかえし」とは「強いマッサージ等の外的要因で筋肉が炎症をおこしている状態」ということであり、筋肉痛は自分自身が筋肉を使い過ぎたことによって起こるもので「もみかえし」と筋肉痛とは別モノとして考えられる・・・というもの。
では「もみかえし」と筋肉痛は全く違う状態なのか?
筋肉痛と同じような状態ではありますが、どちらかと言えば「打撲」に近いと言えるでしょう。
そもそも、単にマッサージや整体手技などの強い圧迫が原因の全てで「もみかえし」を引き起こすわけではありません。
打撲に近いと言いましたが、指や掌で圧迫するという極々僅かな打撲がコツコツと積み重なり、やがて一撃の大きな打撲と同じ刺激に積み重なった時には所謂「打撲」の状態となり筋肉は痛みを発します。

しかしながら、例えばボクサーが練習で数発程度なら殴られても、特に翌日顔を腫らしている訳でもなく、柔道家が投げられて何度か腰や背中を床に打ち付けても、特に翌日痛みで動けない訳ではないですが、経験が無い素人ならどうでしょうか?
ちょっと殴られても目鼻は腫れるし、投げられたら足腰痛くて歩けない・・・なんてことになりますよね、・・・きっと。
マッサージや整体も同じです。
施術に慣れている人ならある程度の強い刺激でも全く平気ですし、慣れていない人にとってはそこそこ緩~い刺激でも「もみかえし」を起こすこともあります。
すなわち「もみかえし」を回避する上で大事なことは、その人にとっての適刺激で施術を行う、ということなのです。
勿論のこと、適刺激などというファジーな個体差を数字で表すことは不可能です。
それは何千、何万と積み重ねた経験の中に、言葉で言い表せない答えがあると思います。
京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院では、施術数5万件の経験からお客様お一人お一人に合った施術法と適刺激を提供させて頂いております。

やまと鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒604-8365 京都府京都市中京区錦大宮町154−4
予約予約優先制
電話番号075-366-6066
駐車場なし
休診日不定休
月3回の休院日を前月にホームページに公開
無料メール相談・メール予約