MENU
送る TEL 24時間メールフォーム
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > 未分類 > 手根管症候群

手根管症候群

2017.11.16 | Category: 未分類

こんにちは、やまと鍼灸接骨院院長の田中です。
昨日今日とまた一段冷え込みを感じるところでありますが、週末には晩秋を駆け抜けて一気に冬将軍の到来かと予想されています。
急激な気温の変化にギックリ腰を発症してしまう方が急増中というお話もしましたが、手足のしびれを訴える方も増えてきた様に思います。
しびれと言えば原因は様々にあるのですが、今回は特に手指のしびれについて「手根管症候群」という病態をお話します。
指がしびれるということで、原因が脳からきているのか? 頚椎からきているのか?・・・と不安になられる方も多いですが「手根管症候群」であれば、概ね人差し指、中指にしびれや痛みが出ます。
悪化すると親指や薬指に及ぶこともあり、特に明け方には強くその症状が現われ、手首を下にブランブランと振ると少し楽になります。

   (ファレンテスト)      (ティネル徴候)
「手根管症候群」は上記のような検査で、その診断をすることが出来ます。
ファレンテストでは図の様に手の甲を合わせて暫らくすると、しびれなど症状が強く現れます。
ティネル徴候では手首をたたくとしびれや痛みが指先にビーンと響きます。
手首にある手根管というトンネルで、正中神経という神経が圧迫されて起こる症状です。
一番大切なことはやはり安静ということになり、現状以上の負荷をさけて圧迫を除去してあげれば、余程重度な状態でなければ十分に改善することは可能です。
手指のしびれと言っても色々ありますので、手指のしびれや痛みでお困りの方は、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院まで、まずはご相談下さい。

やまと鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒604-8365 京都府京都市中京区錦大宮町154−4
予約予約優先制
電話番号075-366-6066
駐車場なし
休診日不定休
月3回の休院日を前月にホームページに公開
無料メール相談・メール予約