MENU
送る TEL 24時間メールフォーム
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Blog記事一覧 > ぎっくり腰施術 > ギックリ腰に要注意です

ギックリ腰に要注意です

2017.10.18 | Category: ぎっくり腰施術

こんにちは、やまと鍼灸接骨院院長の田中です。
秋の長雨に涼しさどころか、すっかり寒さを感じる様になってきました。
こんな季節にも「魔女の一撃」の異名を持つギックリ腰には要注意です。
ましてや、つい先日には全国的な真夏日を記録したばかりで、Tシャツ姿が多く目立っていたくらいですから、気温の急降下に意識も身体もついて行けない変化です。
元々状態の悪かった腰の筋肉は、急激な冷えに一気に止めの影響を受けてしまいます。
「先生、どうもやってしまったようなんです・・・」
「整形外科でギックリ腰って言われたんですが・・・」
「朝、掃除機をかけていただけで急に立てなくなって・・・」
という具合にギックリ腰の方が急増中なのです。
ギックリ腰の急性期は患部を冷却し安静にして横になる・・・昔はそう言いました。
今では温めて少し動いた方が早く治るようです。
しかし問題は、本当にギックリ腰なのかそうではないのかです。
また、今日痛くなったのか何日も経過しているのか等でも、その判断は微妙に変わってきます。
これはギックリ腰かも知れないと思う方、
以前にも経験したギックリ腰を再発したという方、
他の医療機関でギックリ腰と言われた方、
とにもかくにも当院へお越し下さい。
むちうち症とギックリ腰に関しては特に評価を頂いております。
京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院が、そんな貴方のお力に必ずなれます。

やまと鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒604-8365 京都府京都市中京区錦大宮町154−4
予約予約優先制
電話番号075-366-6066
駐車場なし
休診日不定休
月3回の休院日を前月にホームページに公開
無料メール相談・メール予約