MENU
送る TEL 24時間メールフォーム
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

寒くなると現れる、こむらがえり

2018.12.08 | Category: 手足の痛み・しびれ

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
今週は何と言っても半ばと週末で、凄まじい気温差の一週間でしたね。
12月と言うのに25度以上の夏日が出る地方があり、全国的にも12月の観測史上で稀に観る気温を観測、クリスマスツリーを背景にTシャツでアイスを食べる映像をテレビで見ました。
そして、その3~4日後には気候は急展開、積雪のシーンが映像で流れていました。
そうです、この様に急激に寒くなると現れるのが、ギックリ腰と「こむらがえり」です。
「こむらがえり」は「腓返り」と書き、腓(こむら)とは足のふくらはぎの事を一文字でそう言います。
また「こむらがえり」は別名「筋痙攣(きんけいれん)」と言い、実はふくらはぎに限らず全身で起こりうるものです。
ただ、その筋肉の痙攣した状態が、腓(ふくらはぎ)に最も多いために「腓返り」と呼ばれており「足がつった」とも表現します。
では何故あの痙攣が突然起こるのか、原因は必ずしも一つではありません。
寒冷による足の冷え、筋肉の疲労、ミネラルバランスの喪失、水分の不足、等々が挙げられますし、それらがいくつか重なった結果「こむらがえり」に至る場合もあります。
最近の若者達には馴染みが薄いですが、少し前にはマラソンや駅伝の中継で、選手がレース半ばにして足がつり、リタイアを余儀無くされるシーンが珍しくありませんでした。
ところが最近ではあまり目にしないシーンですが、その理由はレース中の水分補給にあると考えられます。
水分不足は「こむらがえり」を引き起こす重要な要素と言えるので、普段から小まめな水分補給、また就寝前にコップ1杯水を飲むような心掛けをすれば、それ相応の予防効果になるはずです。
それでもダメな場合は、まずは足の筋疲労をしっかり取ってあげることです。ゆっくり入浴、そして当院の「マッスルケアマッサージ」です。
ミネラルバランスについてもアドバイス出来ますので「こむらがえり」でお困りの方は、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院(075-366-6066)までご相談下さい。

外国人の方の筋違えの場合も

2018.11.30 | Category: 首の痛み・肩こり施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
当院のすぐ近くにホテルが6軒あり、ここ数年でやはり外国人観光客の方の宿泊が、かなり多い様に見受けられます。
そんな中、当院へも旅の疲労による体の不調で来院される海外の方も多く、データを取り始めて1年半余りで、実に44カ国の外国人の方が来院されました。
その中でもオーストラリアの方がダントツで多く、50名以上の方を施術させて頂きましたが、先日来院された30代女性の方は重度の筋違えでした。
重い荷物を持っての旅行で、極度に頚肩部に負荷がかかった様ですが、そこに至る根本には慢性的な症状のある状態であったと考えられます。
すなわち単なる肩コリであっても、慢性的に悪い状態であるならば、重量物による頚肩部への負荷に限らず、寝違えも起し易いし様々なトラブルへと展開する可能性も含んでいます。
因みに同じ様な症状で来られた外国人観光客の方には、中国の方、スペインの方、ルーマニアの方もおられました。
昭和都市伝説に「欧米人に肩こりは無い」なんてのがあった様に思うのですが・・・ウソですね。
同じ人間なんですから、肩こりも腰痛も、五十肩だってありますよね。
首、肩などコリを感じたら、寝違え筋違えや首肩背部の筋肉トラブルを起こす前に、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院へご来院下さい。

交通事故被害の法的相談

2018.11.19 | Category: 交通事故・むち打ち施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
本日のお話は、交通事故の被害に遭った方で既に当院にご通院中の方、また当院への転院をお考えの方、他院にて施術を受けておられる方や、どこにも通院されていない方にも朗報です。
当院では、お世話になっている法律事務所の弁護士先生に、交通事故の被害者補償をはじめとする法的な相談が、無料で受けて頂くことが可能となります。

 ●交通事故に遭い、どうしていいのか分からない
 ●相手との過失割合について納得がいかない
 ●整骨院への通院を認めてもらえない
 ●痛みがあるのに保険会社に治療費の打ち切りを迫られている
 ●保険会社の対応や補償内容に不満がある
 ●後遺障害が残りそうだが、今後の補償が不安である
 ●仕事を休んだ分の休業損害を認めてもらえない
 ●示談金の金額が妥当なのか自分ではよくわからない

その他どんな些細なことでも結構です、まずは当院へお電話頂き日時を設定させて頂きます。
交通事故被害については施術は勿論、補償の相談も京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院にご用命下さい。

身体の歪みと腰痛

2018.11.15 | Category: 腰痛施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
本日は身体の歪みと腰痛ですが、これもまた腰痛があって歪むのか、歪みがあるから腰が痛むのか?
確かにどちらのパターンもあるでしょう。
また身体に歪みのある方に見られるパターンとして、痛みを訴えておられる部位と実際に悪い部位に相違があることがよくあります。
右の腰が痛いけど左の腰に筋緊張があったり、腰が痛いけど頚背部に筋緊張があったりします。
当院の施術は痛いところをマッサージするのでは無く、痛みの原因を探し出し、そこに対してアプローチしていく施術です。
身体の歪み、すなわち骨格の歪みの調整とは、骨格筋を正しい位置、そして良い状態に戻してこそ完成するものであり、強引にボキボキと骨格自体を曲げたり捻ったりする施術はしません。
身体の歪みを調整し、その状態を維持してこそ腰痛の発症を抑えることが出来るのです。
腰痛でお困りの方は「腰痛専門院」でもある京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院にお越し下さい。

ギックリ腰は正に「見えざる脅威」

2018.11.10 | Category: ぎっくり腰施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
当院では交通事故やスポーツによる負傷をはじめ、五十肩、寝違え筋違え、膝関節のトラブルなど様々な症状で来院されますが、やはり何と言っても多い疾患は腰痛、急性のギックリ腰ですね。
過去にもご紹介した通りですが、西洋では「魔女の一撃」と呼ばれているのですが、何とも良く例えたものですね。
しかし施術家である立場から、最も厳密な例えをするならば「ファントム・メナス」・・・見えざる脅威、忍び寄る脅威と言えるものではないでしょうか。
ギックリ腰は突然に発症しますが、急に腰の状態が悪くなる訳では決してありません。
ギックリ腰を発症する方は、前もってそうなる準備が出来ていたと言っても過言ではありません。
そこへチョットした動作によって最後の均衡の糸が切れ、突然その恐怖の症状に見舞われるてしまうのです。
要するに結論を申しますと、ギックリ腰になってから「腰が悪かったんだな」と思うのでは無く、ギックリ腰になる前にしっかりとした腰の施術を受けて頂き、最悪のギックリ腰を回避して頂きたいのです。
慢性的に腰痛のある方、普段から腰に違和感を感じる方、最近少し調子が悪いぞという方、本格的な冷え込みの前に、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院にご来院下さい。当院の柔整療法、筋膜リリースは骨をボキボキしたりしない、お身体に負担の無い施術です。

陸上ハードル走選手の場合

2018.11.08 | Category: スポーツ障害・アスリート施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
今日は先日来院された高校陸上部のハードル走選手の場合をご紹介します。
前日の部活開始直後、実際ハードルを飛んだ瞬間に痛みを感じ、その後は七割程度の力で練習を継続、部活終了後には足を引き摺っての歩行状態になったそうです。
右足ふともも裏の肉離れということで、触察したところハムストリングに瘤のような塊を触知しました。
普段から練習の前後には念入りにストレッチを行うとのことでしたが、先週は急激に気温が下がり想定以上に筋肉の状態が冷え切っていたと考えられます。
入念なアイシングの後テーピングを施行しましたが、全力で練習出来るのには最低一週間はかかることでしょう。
気温がどんどん下がっていく時期では、その意識をもって更なる入念なストレッチが必要です。
スポーツによる怪我についても、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院に何でもご相談下さい。

慢性腰痛が辛くなる季節に

2018.11.06 | Category: 腰痛施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
朝夕と日中の気温差、また日によっても大きく寒暖差が生じる今日この頃ですが、1日1日と秋は深まり、気が付くと冷えっ冷えの冬に突入していくんですよね。
特に今度の冬の寒さは、かなり厳しいとの予想ですから、慢性腰痛で悩んでおられる方は真剣に対策に取り組むべきです。
何故なら腰痛に「冷え」は最も大敵であると言えるのですから。
腰部周辺は言うまでも無く身体、特に下半身を冷やさないよう心掛け、毎日の運動(ストレッチ、ウォーキング)も大切ですし、患部に疲労を蓄積させない、同じ姿勢が長時間続かないよう心掛ける等々、腰痛を改善させる方法は明確にあるのです。
しかし、これらを毎日の日常生活の中に完璧に取り込んでいく事が非常に難しいわけですね。
そうです、まずは当院の施術をしっかり受けて下さい。
現在の状態をしっかりと把握し、必要に応じた腰痛の施術を施行していきます。
当院では物理療法、AKA骨盤矯正法、柔整療法、筋膜リリースなどからセレクトし、その方の状態に応じたオーダーメイドの施術を行います。
また職業、年齢、性別などに応じても日常生活にそれぞれ相違があり、それぞれに見合った注意点もアドバイスしていきます。
急性期のギックリ腰は勿論ですが、慢性腰痛でお悩みの方は辛い季節が来る前に、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院にご相談下さい。

ギックリ腰の対応、常識の今と昔

2018.11.03 | Category: ぎっくり腰施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
今日は「ギックリ腰」の対応、その常識が今と昔で180度変化しているというお話です。
昔と言ってもそんな昔ではありません。ひと昔とでも言いましょうか、少し前までは急性期のギックリ腰はまずは「冷やす」、とにかく最初は「安静に」というのが常識でした。
しかし昨今では急性期であっても「温める」、また動ける範囲では「少し動かす」というのです。
当院でもここ6~7年のデータで、ギックリ腰の方の施術にはホットパックや遠赤外線などを用いて温め、入浴の際もしっかりと湯に浸かるようアドバイスしていますが、その選択の方が予後良好なんです。
また、安静にした方が良いと思って、一日中横になっていたり、楽だからと座った姿勢のままでいるのは、返って治りを遅める結果となりかねません。
かと言って「少し動かす」の定義が難しいのは実際のところではあります。
当院でお伝えしている「少し動かす」の定義は、あくまでも動けるようならリハビリレベルでウォーキングです。
例えば買い物に行ってスーパーの中をウロウロ、手荷物を提げて帰る、これではオーバーワークとなるでしょう。
常に寝ていたり、座りっぱなしにならない様に立ってみる、動けるようなら少し表に出てみる、少し歩けるようなら散歩、こんな感じのアドバイスをしています。
ただし、これらはあくまで本当に「ギックリ腰」であったらの話です。
そこを見極めるのが我々の一番大切な仕事であり、また究極的に言えば「ギックリ腰」はやがて自然に治りますが、例えば2週間かかるところを4~5日で、動けないところをとりあえず動けるようにと「ギックリ腰」なら当院の施術を早期に受けて頂きたいと思っています。
ギックリ腰の予防は勿論、ギックリ腰になりそう、ギックリ腰になってしまった、という方は今すぐ、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院にご相談下さい。

むち打ち症、初めのうちに根気よく

2018.11.01 | Category: 交通事故・むち打ち施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
交通事故に遭われた方で最も多く通院された負傷は「むち打ち症」です。
むち打ち症は事故後すぐに症状が出る場合もありますが、一週間、二週間、あるいは一月も経過してから症状が現われる場合もあります。
また「寝違い」のように数回の施術、軽度なら1回で完全に回復するものでもありません。
初めのうちに根気よくしっかりと施術を受けておかないと、中途半端な改善状態で施術を終了してしまうと、気象条件や何かの拍子に症状が復活しかねません。
そのためにも、やはり通院しやすい整骨院を選択する必要があります。
当院ではそのような、交通事故に遭い見た目には怪我も無く、とりあえず仕事や家事に従事出来るが「むち打ち症」が酷くて集中出来ない、夜も寝付けない、何をするにも痛みを伴う、といった方にとって仕事や家事をしながらの通院し易さを追求して来ました。
四条大宮駅前、土日祝日対応、平日は夜9時の受付も可能、また被害者の方の事情により時間外でもご相談に応じております。
交通事故施術に関しては24時間相談ダイヤルを設け、交通事故で症状の多いむち打ち症の施術には特に力を入れております。
交通事故被害に遭われた方、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院にどうぞお任せ下さい。

京都市中京区のむちうち専門院

2018.10.30 | Category: 交通事故・むち打ち施術

こんにちは、京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院、院長の田中です。
当院では「自動車事故、バイク事故、自転車事故」の他、歩行中の車両との接触事故など、交通事故被害に遭われた多くの方からご相談を頂きます。
そんな中、交通事故による負傷に対する施術は勿論のこと、交通事故に関して被害に遭われた方への補償などについて、今よりも一層の知識を深めるべく、今月14日に法律事務所が開催する交通事故被害者救済セミナーを受講して来ました。
また、講義をして頂いた弁護士の先生とも今後の連携を約束して頂き、当院の看板でもある「むちうち専門院」に一層磨きを掛けることが出来たと確信しております。
交通事故被害に遭われた方、またその様な方をご存知の方、是非一度やまと鍼灸接骨院の無料相談窓口にご相談下さい。
京都市中京区・下京区・四条大宮駅のやまと鍼灸接骨院24時間相談ダイヤルは、075-366-6066です。

やまと鍼灸接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒604-8365 京都府京都市中京区錦大宮町154−4
予約予約優先制
電話番号075-366-6066
駐車場なし
休診日不定休
月3回の休院日を前月にホームページに公開
無料メール相談・メール予約